ひどい場合は炎症を起こすことも

| 未分類 |

ムダ毛を処理する方法の一つに、脱毛テープを使う方法があります。ムダ毛をテープに貼りつけて、毛の流れに沿って一気に剥がして脱毛を行うのですが、ムダ毛の長さがある程度ないと貼りつかないので効果が低くなります。
広範囲を簡単に処理でき、カミソリを使うより短時間でできますし、表面だけ剃るカミソリと違い根元から抜くので次に毛が生えてくるまで時間がかかります。ムダ毛処理のサイクルが長くなるので、自己処理が楽になるのです。

 

犬07
しかし、脱毛テープを剥がす時に、何本もの毛を一気に抜くわけですので、たいへん強い痛みが伴うので、剥がす勇気も必要となります。躊躇ったりして、一気にうまく剥がすことができなければ、きれいにまんべんなくムダ毛を抜くことは不可能になります。
非常に強力なテープですので、ムダ毛と一緒に多少の皮膚組織まで剥がれてしまう危険もあります。そのために脱毛後の肌は、赤くなってヒリヒリとしたり、傷ができてしまったところに雑菌が入り炎症を起こすこともあります。
また、毛穴が十分に開いていないと、抜いたあとが鳥肌のようにブツブツになり、次に生えてくるムダ毛が、その毛穴に詰まってしまい毛穴が盛り上がり「もぐり毛」という状態になることもあります。
ですので、皮膚が弱い方は、脱毛テープを使うことを避けた方が無難です。脱毛テープによって肌にダメージを与えないようにするには、脱毛前に十分に毛穴を開かせた状態で行うのが良いでしょう、脱毛後は、収れん効果のある化粧水などで、しっかり毛穴を引き締めて保湿することが大切です。