脱毛テープの副作用

| 未分類 |

女性にとって脱毛は、最低限の身だしなみでしょう。脱毛の方法は様々ですが、まずサロンなどでプロの施術によってケアするか、自宅でセルフケアをするのかです。サロンやクリニックでの施術は、費用はある程度かかりますが、高度な技術で美肌効果も期待出来ることから人気となっています。一方、自宅でのセルフケアの方法も様々なやり方と、美容機器によって高度な技術を取り入れられるようになってきています。

 

もっと手軽に出来る方法には、除毛パットやタオル、脱毛ワックスやテープなどがあります。除毛パットは、商品を素肌の上でクルクル回すようにして毛質を細くしたり、根本から刷りきれるようにする効果があります。セルフケアには難しい背中の脱毛には、除毛タオルがおすすめです。ただ、こするだけの簡単な方法だけあって、使用頻度が高くなってしまうケア方法です。脱毛ワックスは、ワックスを体毛に絡ませて、その上からシートを貼り付けて毛の流れに逆らってシートを剥がす方法です。手作りワックスで、保湿効果や美肌効果を得るやり方もあります。

 

脱毛テープは、脱毛したい部分にテープを貼り付けるだけの古典的な方法です。リーズナブルで一番手軽な方法ですが、副作用として毛穴が開きやすくなってしまうので、肌荒れの原因になったりすることもありますし、埋没毛の原因にもなります。もし使用するなら、時間がない時にムダ毛の残りなどが見つかった場合の応急処置にはピッタリな商品でしょう。